素敵な女性には秘密の習慣がある

女性の肌のかぶれ、かゆみ、痛み

女性の肌のかぶれ、かゆみ、痛み

女性の肌のかぶれ、かゆみ、痛み

女性の肌のかぶれ、かゆみ、痛み

皮膚に何かが触れたときに起きる「接触皮膚炎」は、一般に「かぶれ」と呼ばれています。
赤くなったり、ブツブツが出たり、かゆみが出たりといった症状が出ます。
何らかの刺激物質やある特定の物質(植物など)が皮膚に接触することによって起きやすく、
症状は、皮膚にかゆみが出るほか、ヒリヒリ感、赤くなる、ぶつぶつが出るのが一般的です。

また、ひっかくなどして皮膚に細菌が入り、二次感染を起こすと膿がたまったり、
水ぶくれになったりする症状を経て、皮膚がジュクジュクした状態になることがあります。
膿や水ぶくれが破れ、表皮がはがれてしまったら大変です。

また女性の悩みとして、デリケートゾーンではおりものや月経によるかぶれ、かゆみを
経験している方は多いのではないでしょうか?

どうして起こってしまうの?かゆみの原因

どうして起こってしまうの?かゆみの原因

デリケートゾーンにおりものや経血が付着したまま長時間放っておくと、かゆみの原因になりやすいです。
デリケートゾーンにはおりものや経血が付着することが多く、尿道口や肛門に近いことで
かぶれや感染症などが起きやすい部位といえますが、季節や月経周期でさらにかゆみが起こりやすくなります。

また、常に下着などに覆われていて通気性がよいとはいえず、ナプキンや下着などによって擦れたり、
下着による圧迫や長時間座ることが多い方は圧迫もおこりやすく皮膚がダメージを受けやすくなります。

夏は汗をかいてムレやすくなりますし、冬は乾燥したり、月経によるかゆみなどには肌を清潔に保つことが大切です。
そのためには、専用ソープで優しく洗ってあげることをお勧めします。
抗菌、殺菌効果だけではなく、抗炎症効果もあるアイテムだと症状の悪化を防ぐのにも役立ちます。

下着かぶれも要注意!

下着かぶれも要注意!

皮膚がダメージを受けないよう、きつい下着による圧迫や長時間座ることが多い方は特に注意しましょう。
下着は刺激のないものにして月経が終わったら、綿の下着など通気性のよいものを心がけ肌に優しい素材を活用しましょう。

下着かぶれ対策におすすめの商品はこちら

解決策と予防方法

正しいお手入れとセルフチェックで感染症の予防も可能

デリケートゾーンのかゆみを掻いたり必要以上に洗うことはやめましょう。悪化させる原因にもなります。
デリケートゾーン用の塗り薬はステロイドの入っていないものがお勧めです。薬剤師さんに相談してみるのもお勧めです。
また、予防のために薬剤を使う必要はないので、かゆみが治まったら使用は控えましょう。

市販薬で効果が感じられなければ、婦人科か皮膚科で受診してくださいネ!

かゆみを予防する上で大切なのは、肌のバリア機能を低下させないことです。
自分の症状の原因がはっきりしている場合は、それが肌に触れないように心掛けましょう。
原因がはっきりとわからない場合は、清潔に保つことで原因が減る可能性もあります。

おりものシートや生理用ナプキンを長時間使うのはあまりよくないです。
生理用品が肌に合わない場合は、色々と試して肌に合っているものを選びましょう。
肌に優しいコットン素材のおりものシートやナプキンでも、
香料に含まれている化学物質の刺激で炎症が起きることもあるので敏感肌の方は特に注意してください。

予防策としてデリケートゾーンを清潔に保つためボディソープや熱いお湯で洗うのは、
体に本来備わっているバリア機能を弱めて炎症を起こしやすくなので、
デリケートゾーン専用のソープをご利用ください。

まとめ

本来デリケートゾーンは、女性ホルモンの作用により雑菌などに対する抵抗力は強いのですが、おりものや月経で不潔になりやすい環境にあります。
通気性の悪い下着では蒸れてかぶれを起こしたり、おりものの増加による刺激、石鹸による刺激などが原因で炎症を起こすことがあります。

かゆみを我慢していると、患部が腫れて痛みを感じるようになります。
そのうち悪臭を伴う膿が出るようになったりもします。
思春期の女の子、妊婦さん、過労やストレスで免疫力が低下している人、
高齢者、糖尿病やアレルギーなどの持病がある人は外陰炎になりやすいので要注意です。

かゆみが「我慢できない!」と掻きむしったりすると雑菌が侵入して、かゆみ、ただれがますます酷くなります。
早目に婦人科で薬を処方してもらったうえで、患部を清潔に保つことが大切です。

デリケートゾーンは弱酸性に保たれており、薄い粘膜によって保護されています。
そこにアルカリ性のボディソープを使用すると、粘膜を傷つけてヒリヒリしたり、雑菌が入って痛みを感じたり、
黒ずみができたり逆効果になってしまうことがあります。

やはり専用ソープで優しく洗ってあげるのが一番です。
抗菌、殺菌効果だけではなく、抗炎症効果もあるアイテムだと症状の悪化を防ぐのにも役立ちますよ。

他にはこんな記事が読まれています。

すべての特集を見る