素敵な女性には秘密の習慣がある

【女子の悩み】陰部が臭う|原因と対処法

【女子の悩み】陰部が臭う|原因と対処法

【女子の悩み】陰部が臭う|原因と対処法

欧米では習慣的に行っているデリケートゾーンのケア

デリケートゾーンからのニオイが気になったことはありませんか?自分でも気になるなら、周りの人にも気づかれるのではないかと不安になるものです。
清潔にしているつもりなのに臭うという場合は、根本的にケア方法が間違っているのかもしれません。
この記事ではデリケートゾーンが臭う原因や正しい対処法について紹介していきます。

陰部のニオイの原因は?

陰部のニオイの原因は?

デリケートゾーンが臭う原因は、まず細菌の繁殖が挙げられます。そもそも女性の陰部は大陰唇や小陰唇、陰核といった器官があり、男性よりも複雑な構造をしています。
また膣内の潤いを保ち、外部からの雑菌の侵入を防ぐため常におりものが分泌され、月に1度は生理による経血が排出されます。
様々な要因によりただでさえ湿度の高い陰部ですが、その上からショーツやストッキング、タイツにジーパンなどを着用すると、さらに風通しが悪くなります。
菌にとっても居心地が良い環境で、どんどん繁殖を広げていく中で嫌な臭いが発生していくのです。

経血やおりものが臭いの原因になっている事もあります。例えば経血は、排出されたばかりの状態ではほとんど臭いはありません。
しかし空気に触れて酸化が起こると、殺菌が繁殖して臭いを発するようになります。

長時間同じナプキンをつけていると、臭いがどんどん強くなるのも当然と言えます。
またおりものに関しては、体の調子で臭いも左右されます。おりものは女性ホルモンの分泌量によって増減する訳ですが、量が多い時は臭いも強くなりがちです。
経血同様、おりものも分泌された時は無臭ですが、同じおりものシートを長時間装着していると湿度が高い状態になります。
とくに量が多い時は蒸れやすく、雑菌が繁殖する原因となるのです。

その他、体臭によるニオイも考えられます。
体臭と言えば加齢臭やワキガなどのイメージが強いですが、デリケートゾーンにもワキガ特有の臭いを発する汗腺、アポクリン腺が多く分布しています。

特有の臭いで「すそわきが」とも呼ばれ、元々わきがの人は「すそわきが」を持っている可能性も高くなります。
特に夏の暑い季節や運動した後など、汗が多く出た時は臭いが強くなる傾向にあります。
また肉類や脂っこい食事を好む人は体臭も強くなる傾向にあり、おのずとデリケートゾーンも臭いやすくなります。

気を付けたいのは、陰部に何かしらの病気がある時です。
「外陰毛嚢炎」や「バルトリン腺膿瘍」などは、それぞれ皮疹や腫瘍ができ、そこから臭い膿を排出する症状です。
またクラミジアやトリコモナスなど性感染症はおりものに異常が見られ、量が増えたり、おりもの自体が悪臭を放ちます。

さらに性感染症ではなく、誰しもがかかる可能性があるのが「細菌性膣炎」です。
膣や陰部には特に症状はありませんが、魚が腐ったような臭いのおりものが出てくるのが特徴です。
病気が原因で陰部が臭う場合は、丁寧に洗って清潔に保つだけでは改善されません。
薬を使って治療する必要があるので、悪化して治りが遅くなる前に病院を受診した方が賢明です。

デリケートゾーンのニオイ対策におすすめの商品はこちら

デリケートゾーンのニオイに対する正しい対処法

デリケートゾーンのニオイに対する正しい対処法

デリケートゾーンの臭いは女子にとって大きなコンプレックスになります。
臭いが気になるとついゴシゴシと陰部を擦りがちですが、むやみに強い力をかけて洗うのは逆効果です。
「やさしく、撫でるように洗う」のが正しい対処法で、もしかすると慣れない間は物足りなさを感じるかもしれません。

強い力で洗うのがNGの理由は、膣内に潜む常在菌まで洗い流してしまうからです。
膣内の常在菌は多種多様で、中でも「デーデルライン桿菌」は腟の細胞内のグリコーゲンを食べて乳酸菌を作ります。

この乳酸菌が膣内pHを酸性に保つ役割を担っており、雑菌の侵入を防いでいます。
自浄作用と言われるもので、膣内の健康を保つには必要不可欠な仕組みです。
しかし膣内を洗い過ぎるとデーデルライン桿菌も流れてしまい、乳酸菌を作り出せないので自浄作用が低下してしまいます。
自浄作用が低下すると雑菌が浸入しやすくなって膣内に炎症を起こし、嫌なニオイを発生させる原因になるのはもちろん、様々な感染症にもかかりやすくなります。
つまり常在菌を必要以上に減らさないよう、優しく丁寧に洗う必要があるのです。

洗い方のコツは、まず使う石鹸にこだわりたいものです。
嫌なニオイを消すには強い香りの石鹸を使いたくなりますが、体と同じボディソープを使うと、デリケートゾーンには刺激が強過ぎます。

デリケートゾーン専用の石鹸、あるいはアミノ酸系の低刺激ソープ、ベビーソープなどが適しており、泡立てネットを用いてしっかり泡立てます。
弾力のある泡が出来たら、爪を立てないようにして洗っていきますが、特に小陰唇の周りは垢や汚れ、トイレットペーパーのカスなどが溜まりやすい箇所なので、
落とし忘れがないよう指の腹を使って隅々まで洗い上げます。ちなみに膣の中まで石鹸で洗う必要はありません。
たとえデリケートゾーン専用ソープでも自浄作用低下の原因になるため、シャワーで洗い流す程度に留めます。

また洗う順序は陰毛から股間、肛門へと進めていきます。
肛門周辺の雑菌が膣の中に入らないよう、前から後ろに向かって洗っていくのがコツです。
お湯で石鹸を流す際は、熱いお湯をかけると肌が乾燥してしまうため、ぬるま湯を使います。そして入浴後は保湿ケアをしておくのも大事です。
何もしなければ乾燥が酷くなって黒ずみが生じたり、痒みや臭いの元にもなるのです。
保湿に用いるのはオイルや乳液などで、デリケートゾーン専用のものなら安心して使えます。

デリケートゾーンのニオイ対策におすすめの商品はこちら

洗うだけじゃダメ!デリケートゾーンを清潔に保つ方法

種類?成分?香り?自分の肌にあったものを選ぼう!

デリケートゾーンの嫌なニオイを改善するには、まず正しい方法で陰部を洗う事が鉄則です。ただし入浴時だけ清潔にしても意味がありません。
そもそも入浴はほんの数十分程度の時間で、入浴以外の時間を不潔な状態にしていては臭いが改善される事も無いのです。
常にデリケートゾーンを清潔に保つには、まず毎日着用している下着を見直すことから始めます。
女性は可愛さや美しさなど見た目に注目しがちですが、一番重視すべきは素材です。
例えばアクリルやポリエステルなど化学繊維で作られたものは、通気性があまり良くありません。

化学繊維のショーツは多く出回っていますが、熱がこもりやすい素材です。
さらにショーツの上からストッキング、またはジーパンなど締め付け感のあるものを着用し、デスクワークで長時間座っていたなら、
ショーツの中が高温多湿状態になる事も目に見えてます。少しでも通気性を良くするには、まず下着の素材を綿100%のものに変えていきます。
綿素材のショーツは化学繊維で作られたものより摩擦が少なく、高い吸湿性があります。
汗や湿気を吸い取り、外へ発散させる作用もあるため、着用した時から脱ぐ時までサラサラの状態を維持出来ます。

素材に加えてデザインも注目ポイントです。見た目がオシャレなショーツは面積が小さいので、湿気もこもりがちになります。
一方、蒸れを抑えるデザインはお尻全体をすっぽりと包み込んでくれるショーツで、ゆったりしている分、体を締め付けず快適に感じられます。
体のサイズに合っている下着を選ぶのも重要で、脱いだ後にゴムの跡がくっきり残るようであれば下着が小さすぎる証拠です。
自分ではそれほど負担に感じていなくても、着用している間はずっとゴムの強い力が肌に当たっており、痒みの原因にもなるため注意が必要です。

そしておりものや生理の経血にも気を配らなければいけません。特に生理の時は、こまめにナプキンを変える必要があります。
経血が付着しているにも関わらずナプキンをそのまま放置していると、雑菌が繁殖し臭いがきつくなります。
量が多い時のみならず、終わりかけの量が少ない時も同じで、2~3時間に1回はトイレへ行って交換するようにします。
もし頻繁にナプキンを変えるのが難しい状況であれば、タンポンや月経カップに切り替えるという方法もあります。
タンポンはナプキンよりも経血が空気に触れにくい形状なので、臭いの発生も抑えられます。
また月経カップも長時間の使用が可能で、夏でも蒸れにくく臭いも気になりません。

そしてアンダーヘアに汚れがついているのも臭いの元になります。
トイレットペーパーでしっかり拭き取ったつもりでも、おりものや生理の経血がアンダーヘアに付着している事はよくある事で、状態を改善させるには、アンダーヘアの脱毛というのも一つの方法です。

脱毛サロンではVIO脱毛というメニューが用意されており、自分好みのデザインに仕上げられます。
形を整える程度の人もいますが、毛が少し薄くなるだけでも汚れが付きにくくなり、ショーツの中の蒸れを抑える効果があります。
もしサロンやクリニックでの処理が恥ずかしいのであれば、カミソリやアンダーヘア用のヒートカッターを使って、自分で処理をしても問題ありません。
カミソリを使う場合は肌を傷つけないよう、また終わった後は必ず保湿しておく事も大切です。

持っておいて損は無いのは、デリケートゾーン用のシートです。
例えば生理中は経血が付着したままの状態にならないよう、トイレのビデ機能を使って清潔にしておきたいものです。
ただし全てのトイレに備わっているとは限らず、公共のトイレでビデを使う事に抵抗を感じる人も少なくありません。
外出中にデリケートゾーンの汚れが気になる、でもトイレのビデを使えない場合にデリケートゾーン用のシートを持っていると、すぐに取り出して自由に使えます。
もちろん生理中のみならず、単に臭いが気になる時も対処出来るので、万能なアイテムと言えます。

デリケートゾーンケアにおすすめの商品はこちら

ニオイのコンプレックスを解消するには優しく丁寧なケアが大切

デリケートゾーンは低刺激の石鹸を使い、指の腹を使って丁寧に洗います。
通気性の良い100%綿のショーツを愛用し、生理中はこまめにナプキンを変えます。臭い対策は実に簡単で、特に難しいものはありません。
デリケートな部位だからこそ、出来るだけ刺激を少なく、優しくケアすることが大切です。

もし正しい対処法を続けていながらも臭いが改善されない場合は、病気が隠れている可能性もあるため、早めに病院を受診した方が賢明です。

他にはこんな記事が読まれています。

すべての特集を見る