デリケートゾーンの黒ずみの原因と予防・改善方法はこれだ

デリケートゾーンに悩みが絶えない原因は?

デリケートゾーンの悩みは人には相談しにくく、なかなか解決の方法を知ることが出来ない事が多いものです。

数あるデリケートゾーンの悩みの中でも、悩んでいる人が多いのが黒ずみです。
なぜデリケートゾーンは黒ずみやすいのか、その原因がわからなくては改善させることも難しいでしょう。

この記事では、デリケートゾーンが黒ずむ原因とそのケア方法について紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみはなぜ生じるのか?

#デリケートゾーンの黒ずみは色素沈着によるもの


デリケートゾーンの黒ずみは色素沈着によって引き起こされています。
色素沈着はメラニン色素が皮膚の深い部分に落ち込むことによって、より黒く目立つ黒ずみとなってしまうのです。
メラニン色素というと日焼けなど紫外線による刺激で生じるものというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、紫外線だけではなく外部からの刺激から肌を守るためにメラニンは発生します。
デリケートゾーンの黒ずみは色素沈着によるものですが、一口に色素沈着と言っても、色素沈着を引き起こす原因は人によって異なります。
デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす代表的な原因を確認し、自身の黒ずみの原因を知ることが改善のためには大切です。

#摩擦による黒ずみ


デリケートゾーンの黒ずみの代表的な原因となるのが「摩擦」によるものです。
デリケートゾーンの摩擦と聞いても、あまりピンとこない人もいるかもしれません。
しかし、デリケートゾーンは意外と摩擦による刺激を受けている場所なのです。
最も多いのが下着による摩擦で、サイズが合っていない下着を着用していたりすると強い刺激となってしまいます。
下着は毎日着用するものなので、日々の積み重ねによって徐々に黒ずんでしまっているのです。
また、生理の時に使い捨てナプキンを使用している人も多いですが、これも摩擦刺激を発生させるものです。
ナプキンは経血を吸収した際に血を固める吸収体が使用されており、刺激が強くなってしまいます。
他にも、デリケートゾーンは臭いやかゆみなどが気になりやすい部位なので、入浴時にゴシゴシ擦ってしまうという人も多いでしょう。

#脱毛などのムダ毛処理による黒ずみ


デリケートゾーンのムダ毛を脱毛している人や、カミソリなどで自己処理している人は多いでしょう。
しかし、この脱毛などムダ毛処理によって黒ずみが引き起こされている場合があります。
エステなどで行われているフラッシュ脱毛やクリニックで行われているレーザー脱毛というのは、光やレーザーによって毛母細胞にダメージを与えて脱毛するという方法です。
熱や光といった刺激が与えられることになりますので、肌細胞を守ろうとメラニンが生成され黒ずんでしまうことがあるのです。
脱毛施術を受ける前や自己処理を行っている人は、カミソリを使用することが多いでしょう。
このカミソリによる肌への刺激も黒ずみの原因になっています。
また、初めてデリケートゾーンのムダ毛を処理した時などは、それまで見えていなかった黒ずみが見えるようになることもあるので、ムダ毛処理によって黒ずんだように感じる人もいるかもしれません。

#血液循環の悪化


デリケートゾーンは摩擦などの刺激以外にも黒ずんでしまうことがありますが、その代表的なものが冷え性で悩んでいる人など血液循環の悪化によるものです。
事務仕事など同じ体勢で一日中過ごす事が多いという人や、きつめのパンツスタイルが多い人、運動不足などで血液循環が悪くなっている人は少なくありません。
血液循環が悪くなると肌のターンオーバーも上手くいかずに黒ずみになってしまう原因になるのです。
特に寒い季節になると黒ずみが気になるという人は、血液循環の悪化が原因かもしれません。

#妊娠や産後の黒ずみ


妊娠や産後というのは、ホルモンバランスが普段とは異なります。
妊娠中や産後にはエストロゲンやプロゲステロンといったいわゆる女性ホルモンの分泌が増加するのですが、これらの女性ホルモンはメラニンを増やしやすいとされているため、デリケートゾーンの黒ずみも引き起こすことがあります。
出産後しばらくすると改善することが多いとされていますが、そのまま残ってしまうことも少なくありません。

かゆみにお悩みの方へ

デリケートゾーンの黒ずみを改善させるには

デリケートゾーンの黒ずみを改善させるには、正常なターンオーバーを促す正しいケアを継続して行わなければなりません。

黒ずみを早く何とかしたいと思うのは当たり前ですが、次の日突然改善するというのは自己ケアでは難しいですし、クリニックで治療してもある程度の期間はかかるのが一般的です。
自己ケアで改善を目指すにしても、クリニックで治療するにしても日々の自己ケアは基本なので、黒ずみを改善させるためには必ず実行したいケア方法を確認しておきましょう。

#専用のソープで優しく洗う


デリケートゾーンの黒ずみは摩擦による刺激で生じていることが多く、下着等だけではなく入浴時に擦り過ぎてしまうことも原因の一つです。
しかし、しっかり洗わないとデリケートゾーンは臭いやかゆみも出やすいので、どうしたら良いのかと悩んでしまう人も多いでしょう。
デリケートゾーンを洗う際には、一般的なボディソープではなく、デリケートゾーン専用のソープを使用して優しく洗ってあげることが大切です。
デリケートゾーン専用のソープは、洗浄力がマイルドになっているので肌への刺激が少なくなっています。
洗う際は泡をたっぷり立てて、ナイロンタオルなど刺激を与えるようなアイテムを使わずに泡を転がすように洗うようにしましょう。

#保湿とマッサージ


デリケートゾーンの黒ずみは、乾燥や血行不良などによっても引き起こされるため、保湿やマッサージなどによるケアも改善には有効です。
お風呂上がりなどに、デリケートゾーン専用のクリームを手に取り温めてから塗布します。
黒ずみが気になる部分だけではなく、お腹全体を優しく手のひらで円を描くようにマッサージしたり、Iラインやヒップなどもリンパを流したり血行が良くなるようにマッサージするようにしましょう。
この時に注意したいのが、必ずデリケートゾーン専用のクリームを使用するということです。
顔用などだと刺激が強い場合がありますし、何も塗らないのは摩擦刺激になってしまいます。
デリケートゾーン専用のクリームがない場合は、比較的手軽に手に入れることができるワセリンで代用しても大丈夫です。

#食事・運動・睡眠を意識し規則正しい生活を


デリケートゾーンの黒ずみは、外側からのアプローチだけではなかなか改善することが難しいです。
内側からのケアとして、食事・運動・睡眠も非常に大切になってきます。
食事はバランス良く食べることが大切ですが、肌を作るのはタンパク質なので不足しているのであればプロテインドリンクや、BCAA、EAAなどといったアミノ酸で補ってあげると良いでしょう。
また、メラニンの生成を抑えるとされているビタミンCやターンオーバーを正常化してくれるL−システインなども黒ずみ改善に有効とされています。運動は血行の促進にも繋がりますし、正常なターンオーバーのためには必要です。
1駅歩いたり階段を使うなど日々の生活の中で少しずつ取り入れていくと良いでしょう。
睡眠は時間だけでなく、質も大切です。
寝ている間に成長ホルモンなどが分泌されるので、質のいい睡眠を取れるようにしましょう。

#早く確実に結果を出したいならクリニックへ


自己ケアだけではなく、少しでも早く黒ずみを改善させたいということであれば美容クリニックへ行く必要があります。
デリケートゾーンの黒ずみに対しては、塗り薬による治療やレーザーホワイトニングなどが行われます。
レーザーによってメラニンを破壊し黒ずみを改善するなどといった治療ですが、治療を繰り返すことで効果が高まる傾向にあるため1度ではなく複数回の治療が必要となるケースが多いです。

\他にはこんな記事が読まれています/

すべての特集を見る

黒ずみを発生させないために

デリケートゾーンの黒ずみは出来てしまってから改善させるには時間がかかります。
また、一部の治療を除けば、改善されたとしてもその後の生活習慣などによって再び黒ずみが出てきてしまうことも少なくありません。
したがって、デリケートゾーンの黒ずみを発生させない予防習慣も大切になります。

#下着に気をつける


デリケートゾーンに黒ずみが出来てしまう大きな要因として挙げられるのが、締め付けの強いものや刺激の強い素材の下着です。
出来るだけ締め付けの少ない下着にしたり、シームレスな下着を着用することによって黒ずみの発生リスクを大幅に下げることが可能です。
また、素材もコットンなどの天然素材のものを選ぶことで肌への刺激を抑えることに繋がります。

#トイレでも注意


人は1日に少なくとも数回はトイレに行きます。
女性の場合、大小に関わらず用を足した後にはトイレットペーパーを使用することになるでしょう。
この時に、トイレットペーパーでデリケートゾーンをゴシゴシ拭いてしまうのは避けなければなりません。
摩擦によって黒ずみを引き起こしやすくなってしまいます。
優しく拭き取るようにして、出来るだけ刺激を与えないようにすることが大切です。
また、トイレットペーパーもものによって肌触りが大きく異なります。
黒ずみを防ぐということで考えると、肌触りの優しいトイレットペーパーを選ぶと良いでしょう。

#ムダ毛処理に注意


デリケートゾーンのムダ毛処理にカミソリを使用している人も多いですが、黒ずみ予防においては肌に優しい電気シェーバーの方が理想です。
どうしてもカミソリを使用する場合にはジェルなどを使用して摩擦を軽減させるようにしましょう。
また、処理後には必ず保湿をすることが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみは正しくケアしよう

デリケートゾーンの黒ずみは、日々の生活習慣などによって引き起こされているケースが多いものです。
下着についてや洗い方など日々の生活習慣を少し見直すだけで、予防や改善することが十分可能です。
すぐに改善するということは難しいですが、今回紹介したケア方法などを毎日コツコツ続けて、きれいなデリケートゾーンを手に入れましょう。