ONLINE SHOP

ONLINE SHOP

コラム


ARCHIVES
2016年 (2)
2015年 (11)

コラム 第9回夏に向けて!!デリケートゾーンの蒸れを抑えて臭いをカット!!

2015-06-10

もうすっかり夏ですね~!!
気温も湿度も高くなって、汗もかきやすいちょっと困った季節。
デリケートゾーンのかゆみや臭いが気になりやすい季節でもあります。




でも、そんなデリケートゾーンのかゆみや臭いは蒸れを意識的に防ぐことで大分緩和できるんですよ!!

女性のアソコ(陰部は)の形って複雑に入り組んだ形をしてますよね。
そしてショーツやストッキングなどで覆われているため通気がよくありません。
その上、生理中のナプキンやおりものシートを使うと更に蒸れやすい条件が重なってしまいます。

実は陰部には脇の下と同様のエクリン腺、アポクリン腺という2つの汗腺があって
あまり気づかれないですが、実はとても汗をかきやすい部分。

この2つの汗腺からでる汗は、脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗です。
恥垢や雑菌がつくと、強いニオイを発生する原因にもなります。
特に、アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、皮膚にある常在菌により分解されることでニオイが発生するとのこと・・・。

アソコの臭いが汗から来ているものだって、イクティ初めて知りました!!
臭いの元も恥垢自体が発しているのだと思ってたけど
恥垢や汗に含まれる栄養素を雑菌が分解することで嫌な臭いが発生していたのですね!!

そして、汗だけでなく、おりものや月経血、尿、便なども勿論臭いや痒みの原因。
下着のなかで蒸れた状態では細菌が増えやすく、特に月経血はそれによりニオイがきつくなることもあります。

最近は吸収性に優れたナプキンも多く、汚れてないからと言って
交換する回数が減ってしまいがち・・・
でもナプキンやおりものシートは、こまめに交換しないとだめですよ!!
見た目はあまり汚れていなくても、中には雑菌がわんさか繁殖しています。
それがそもそもの生理中の嫌な臭いの原因。
また汗をかいた時などは、下着も履き換えるなどしておくと更に蒸れによる嫌な臭いは防ぐことができます。



こうして普段からアソコ(陰部)を清潔に注意しておくことで、
不潔から起こる異臭以外の異臭に気がつくことができます。
つまり、女性特有の病気からくる異臭です。

「子宮頸がん」、「子宮内膜炎」、「淋病」、「細菌性膣炎」、「トリコモナス膣炎」などの初期症状の1つにおりものの臭いが急に強くなったり、色も黄色や緑色に変化したり・・・といったものがあります。

普段から意識しておくことでこれらの病気の早期発見に役立てることができるのです。
自分の体の清潔さと健康をまとめてケアできるというわけです。

夏=臭い、かゆい

は、自分のケアでちゃんと防ぐことができます。
みんなで頑張っていきましょう!!

    PREVNEXT